PARCで開発されている技術をご紹介します

 

2014年度開催予定のセミナー・ワークショップ

2014年度のPARC主催のセミナー・ワークショップの予定を掲載しました(2014年度開催予定のセミナー・ワークショップ)。

情報は随時追加・更新していく予定です

 

 
クリーンテクノロジーとエネルギー

クリーンテクノロジーとエネルギー

PARCのクリーンテクノロジー・イノベーション・プログラムでは、豊富な経験と学際的なアプローチを組み合わせ、スケーラブルで費用対効果の高いソリューションに焦点を当てた研究が行われています。研究分野は、電池やエネルギー効率から再生可能エネルギーにいたるまで多岐にわたり、お客様とパートナーシップを組むことで、これらの技術を市場化することを目指しています。詳細は、研究分野のページをご覧ください。

 
フレキシブル・エレクトロニクスとプリントテッド・エレクトロニクス

フレキシブル・エレクトロニクスとプリントテッド・エレクトロニクス

PARCの大面積エレクトロニクス分野における研究の歴史は 1970年代(a-Siの研究開発を開始した時)にまで遡ります。PARCでは、材料の特性評価に関する知識やデバイスと回路の設計に関する専門知識を動員して、機能性と製造可能性を実証するための商業レベルのプロトタイプを作製するサービスを提供しています。詳細は、研究分野のページをご覧ください。

 

 
オプティックスとオプトエレクトロニクスの技術

オプティックスとオプトエレクトロニクスの技術

PARCは、ワールドクラスの技術的専門知識、プロトタイプ構築が可能なインフラ、数々の技術を幅広い分野で商用アプリ ケーションに活用してきた実績を兼ね備えています。デバイスやシステムの画期的なデザイン、高度なモデリング能力を活かした分析、フルシステムのプロトタイプ構築、製造の場への技術移管などを通じて、お客様のビジネスを支援します。詳細は、研究分野のページをご覧ください。

 
イノベーションサービス

イノベーションサービス

PARCは、人間の行動をありのままの状態で研究するエスノグラフィという手法を技術イノベーションの分野に導入したパイオニアです。PARCでは、人間を中心に据えたインサイトとエスノグラフィを活用し、満たされていないカスタマーニーズを発見するお手伝いをしています。詳細は、研究分野のページをご覧ください。

 

 
革新的な水処理技術

革新的な水処理技術

PARCが開発した画期的な水処理技術、ハイドロダイナミック・セパレーション(HDS)は、低エネルギーでコンパクト、しかも費用対効果が高く、様々な水処理技術に応用可能です。HDSは、フィルタを使用せず、いくつかの流体力を慎重にバランスすることにより、液体が曲線の管を流れている間に浮遊物を分離します。詳細は、研究分野のページをご覧ください。

 

クリス・チュア

 

Chris Chua

オプトエレクトロニクス・グループのプリンシパル・サイエンティスト

専門:現在大手メーカーが使っているVCSELのアーキテクチャを開発したパイオニア。現在、窒化物ベースの可視光および紫外線LEDとレーザダイオードのエピタキシー、デザイン、製造の研究開発に従事。

詳細

 

歴史に残る貢献

 

 

PARCで1970年代に開発されたイーサネットは、後にネットワークの国際基準となりました。現在PARCでは、Content-Centric Networking (CCN)と呼ばれるネットワークの次世代プロトコルを開発しています。