PARC特別セミナー・ビッグデータとエスノグラフィ
イノベーションの鍵となる2つのアプローチ

2015年 5月 21日
14:30 - 17:30

 

企業にとっては、新たな顧客の創造とイノベーションの実現が喫緊の課題となっています。既存事業プロセスのコストを大幅に低減しつつ、新たな顧客価値を生み出すことが求められています。

いま、顧客の創造・イノベーションにつながるアプローチとして、「ビッグデータ」と「エスノグラフィ」というデータの分析方法が注目されています。ビッグデータという、これまでにないほどの質・量のデータをリアルタイムに分析することにより、個々の「点」の情報集計に留まらず、コンテクストや背景も含めた「線」の発見が期待できます。一方、エスノグラフィをビジネス応用することにより、製品やサービスの利用者あるいは潜在的な利用者がどのような価値観を持ち、現場での活動を通じてどのように製品やサービスと接しているのか、どのような潜在ニーズがあるのかを理解できます。

 本セミナーでは、イノベーションに向けた2つのアプローチ「ビッグデータ」「エスノグラフィ」双方のビジネス応用について、パロアルト研究所(PARC)のテクノロジー・ノウハウの一端をご紹介します。また、今回は特別にトレジャーデータ株式会社マーケティング担当ディレクターの堀内健后 氏をゲストスピーカーとしてお招きして、ビッグデータ分析を支えるプラットフォーム技術と今後の展望についてもご紹介頂きます。

これらアプローチをどのように企業のイノベーションに向けて活用できるのか、そして融合させていくのかについて、いくつかの研究事例を交えてご説明します。

セミナーの概要

日程 2015年5月21日(木) 14時30分~17時30分(受付開始13時45分) (終了しました)
参加費 5,000円
定員 100名
セミナー内容

PARCにおける分析技術
(トルガ・カートル, PARC)

  • PARCの考えるビッグデータとは
  • PARCの分析技術のケーパビリティ
  • 分析技術を活用した研究事例紹介

IoT時代のビッグデータを支えるプラットフォーム技術
(ゲストスピーカー:堀内健后 氏, トレジャーデータ株式会社)

  • クラウド型のデータマネジメントサービスのご紹介
  • トレジャーデータの活用事例

PARCにおけるエスノグラフィを活用したイノベーション
(佐々牧雄, PARC)

  • エスノグラフィとは
  • エスノグラフィを活用した研究事例紹介
  • エスノグラフィとビッグデータ活用の将来展望
会場 フクラシア東京ステーション5階H会議室 http://www.fukuracia-tokyo.jp
お申し込み

参加のお申し込みは、以下のフォームよりお願いいたします。
お申し込みは、5月18日(月)まで
URL:http://peatix.com/event/85140

お問い合わせ event@parctokyo.com
その他 受付の際には名刺を1枚頂戴しますので、セミナー当日は名刺をご持参ください。

 

 

 

Presenter(s)

Tolga image

トルガ・カートル(Tolga Kurtoglu)
パロアルト研究所(PARC) Vice President, Ph.D.

Vice Presidentおよびシステム・サイエンス・ラボ(SSL)のディレクター。デル社、NASAエイムズ研究センターを経て、現在、パロアルト研究所にてSSLを統括。製品ライフサイクル(PLM)、交通、エネルギーなどの領域におけるIoTやサイバーフィジカルシステムに関わる研究、およびそれら研究の実用化・商業化に関する戦略策定をリードする。

 


Horiuchi image

堀内健后(ほりうち けんご)
トレジャーデータ株式会社 マーケティング担当ディレクター

プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現 日本アイ・ビー・エム株式会社)で業務・システム系コンサルティングに従事。2006年、マネックスビーンズホールディングス(現 マネックスグループ株式会社)に入社、顧客向けBtoCのWebサービスの企画・開発のプロジェクトマネージャーとして活躍。2013年2月、トレジャーデータ株式会社に日本事業の立ち上げから参画。



Makio image

佐々牧雄(ささ まきお)
パロアルト研究所(PARC) シニアUXリサーチャ, Ph.D.

ユーザーエクスペリエンス・デザインの研究者。情報機器メーカーの工業デザイナー、自動車メーカー系列のデザインコンサルタントを経て、パロアルト研究所にてエスノグラフィを利用したイノベーションの研究を行っている。

 

 

購読

PARCのニュースレター等、最新情報をご希望の方は、英語サイトの「subscribe」のリンクから登録してください。