新しいビジネス•オポチュニティと技術基盤の構築
大日本印刷株式会社(DNP)
エスノグラフィ
 

背景

大日本印刷株式会社(DNP)は、日本で100年以上の歴史を持つ世界屈指の商業印刷会社です。その事業領域は、出版印刷、ICカード、パッケージング、電子部品など多岐にわたります。同社は、長年の間紙を媒体として情報を提供してきましたが、デジタルフォーマットで情報を提供するという最近の動向に則った業務展開を考えていました。そこで、携帯デバイスを使って情報を提供することで、市場での主導的立場を維持しながら、同時に「ユビキタスネットワーク」化している日本の社会に適応しようとしたのです。

インサイト

PARCのエスノグラファーたちは、対象となるユーザを体系的に観察し、その観察から得たものを新しい技術のトレンドと結びつけるという作業を何度も行ってきました。DNPは、PARCの研究者と協同で、デジタルメディアを使ってどのように情報を提供するかについて意見交換し、出されたアイデアをふるいにかけ、最適なビジネスコンセプトを選ぶという作業を行いました。両社がこの一連の協同作業を進める中で気づいたのは、DNPが持っている膨大な量のコンテンツと技術力を活用できるということでした。さらには、それらをPARCが持っているコンテクスト及び行動を意識したコンピュータ技術に関する専門知識と融合することで、新しいビジネスのためのユニークな技術基盤を構築することができるということでした。アイデアとして出されたのは、ユーザの現在地、嗜好、そして時刻を取り入れたローカルレジャー情報を紹介し、同時に条件のマッチした近辺の広告主を引き寄せるということでした。このアイデアは、情報の収集やウェブの閲覧、またコンテンツのダウンロードに携帯を使う若者が増えているという文化にうまく対応していると言えます。

過程と方法

このプロジェクトは次の3つの段階から構成されており、24ヶ月という期間の間に集中的に行われました。第1の段階は市場機会の分析(オポチュニティ•アセスメント、opportunity assessment)、第2の段階はフィージビリティ試験(実現可能性試験)を伴う技術基盤のデザイン、そして第3の段階はプラットフォーム•エンジニアリングと技術移管という内容でした。PARCのエスノグラファーが協力したのは初期の市場機会発掘の段階で、具体的には、新しい技術基盤のコンセプトを決めること、それをもとに概念上のプロトタイプを構築すること、そして日本市場において対象となるユーザにその機能を説明し評価してもらうというプロセスが含まれていました。

次に、PARCのエスノグラファーは、実用レベルのプロトタイプを開発するため、技術者と協力しながら作業を進めていきました。つまり、コンテクストモデリング、嗜好モデリング、レコメンダシステム、ロケーションセンシング、アクティビティ検出、携帯用ユーザインターフェース、そしてテキストマイニングの分野において、PARCの技術者が持っている能力を活用したのです。PARCの科学者は、DNPのR&Dグループと協力し、必要な機能 が搭載されたプロトタイプをスケーラブルなサーバに作製しました。そして、このシステム に必要なベース•アーキテクチャを短時間で設計し、骨格となるプラットフォームを構築しました。さらに、そのプラットフォーム上に、徐々に複雑化する機能やシステム•インテリジェンスを築いていきました。この作業と並行して、DNPはシステムの改良に取り組みました。一方、エスノグラファーは、日本でフィールドワークを行いました。ユーザエクスペリエンスに関する仮説を試し、システムの要件を集めながら、作られる製品がターゲットとなるユーザにとって必ず魅力的なものになるよう努力したのです。

「PARCとプロジェクトをした結果、今後DNPが行おうとしている情報通信の事業展開を革新的なものにする技術が生まれた。PARCは競争力を高めるための独特な強みを持っている。エスノグラフィを使ったアプローチは非常に重要だった。また、(PARCには)様々な分野においていろいろな研究者がいる。彼らは、独創的な解決法を考えだし、競合相手の能力を超えるプロトタイプ•システムを開発することができる。」DNP 部長 斉藤二三夫氏

成果

出版業界におけるDNPの強みを最大限に生かすことを目的として開発されたシステム(『Magitti(マジッティ)』)は、ユーザの現在地、嗜好、時刻、過去の行動、またユーザのメッセージの内容から抽出した手がかりなどをもとに、近辺のレジャー情報を紹介するシステムです。このシステムは、行動を検知し、学習機能をもとに嗜好を予測することもできるため、スマートフォンの場合、モバイル検索をしなくても、片手で触れるだけでタイムリーで関連性の高い情報を入手することができます。

DNPは、日本の小売店やコンテンツの配給業者、そして携帯電話会社との関係を築きながら、PARCのシステムをもとにプラットフォームの開発をさらに進めています。同社は、今までユーザを対象としたトライアル調査を何度か行っており、最近では、東京の銀座と有楽町において、iPhone(アイフォーン)からダウンロードが可能な『マチレコ』(「町」と「レコメンデーション」を合わせた言葉)と呼ばれるアプリケーションを使ってユーザ調査を行いました。同社は、2010年にこのサービスをすべてのスマートフォンにおいて提供する予定です。

DNPは、PARCとプロジェクトを行うことで、新しいデジタルメディア事業のための技術基盤、技術的な専門知識、そしてその中核となる知的財産を得るばかりでなく、同様のイノベーションを自ら起こすためのノウハウも学んだのです。

 

この事例をダウンロードする

 

クライアントプロファイル

大日本印刷株式会社(DNP)

本社:東京都

売上高:180億ドル

従業員数:3万9千人以上