実績

並び替え: 企業名 | 日付

49 件 12次へNext最後

 

以下の「PARCと関連がある企業」の公開リストでは、取引関係や作業内容の守秘義務のため、ごく一部のお客様のみをご紹介しています。 その中には、現在PARCとプロジェクトを行っている大企業や中規模企業のほか、新興企業やPARCでインキュベートされた企業、過去にスピンオフされた企業、スピンアウトされた企業、PARCからライセンス供与を受けた企業、その他PARCが何らかの貢献をしたベンチャー企業が含まれます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

 

ネットワーク機器

3Com/HPにより買収される
ネットワーク機器

PARCのコンピュータ科学者Bob MetcalfeとDave Boggsは、コンピュータの近距離接続の標準となっているイーサネットを1973年に発明しました。 Metcalfeは1979年にPARCを退職し、コンピュータネットワーク機器メーカーの3Com Corporationを設立しました。

 

 

ページ記述言語

Adobe
ページ記述言語

PARCのエンジニアであるJohn Warnockは、インタープレス・ページ記述言語を生み出しました。これは、ゼロックスのレーザプリンタを制御するための独占所有権を持つコンピュータ言語です。 同氏とPARC画像科学研究所のマネージャであったCharles Geschkeは、1983年にAdobe Systems, Inc.を設立し、次世代のページ記述言語であるPostScriptを開発しました。PostScriptは、 後にデスクトップ・パブリッシングの標準となりました。

 

 

Aurora Systems
コンピュータペイント(グラフィックス)システム

PARC研究者のDick Shoupは、1973年にSuperPaintを発明しました。この技術は、グラフィックスプログラムとピクセル単位のフレームバッファ・システムの草分けです。同氏は1979年にPARCを退職し、グラフィックス会社Aurora Systemsを共同で創設しました。同社は、描画や動画の次世代システムを開発・商品化し、ビデオの配信・制作市場を対象にCG(コンピュータグラフィックス)サービスを供給しました。同氏は、1970年代のPARCにおける業績が評価され、1983年にエミー賞を受賞したほか、1998年にはアカデミー科学技術賞を受賞しました。

 

 

AWPI
プリントコントローラシステム

Advanced Workstations Products, Inc.(AWPI)は、ゼロックスの高機能プリンタがネットワーク上で作動するために必要となる、高性能で低価格の非専売印刷制御システムを製品化することを目的として、1989年にスピンアウトされました。 ゼロックスは1991年に同社を買い戻しました。

 

 

材料とディスプレイのプロトタイプ構築

BASF
材料とディスプレイのプロトタイプ構築

BASFは世界でトップレベルの化学製品メーカーで、多様なアプリケーションに応用可能な材料や化学製品を製造しています。同社では新事業拡大を目標に掲げ、ディスプレイメーカーをターゲットとした有機材料の製品群を使って基板やディスプレイ用のトランジスタを開発するため、PARCと提携しました。

事例:新市場で付加価値のある製品を提供

 

 

デジタル著作権管理(DRM)

ContentGuard/マイクロソフト、Time Warner、Thomsonにより買収される/Pendrellにより買収される
デジタル著作権管理(DRM)

ContentGuardは、デジタル著作権管理のためのソフトウェアを開発し、ライセンス供与する目的で、2000年にスピンアウトされました。PARCで開発されたeXtensible rights Markup Language(XrML)デジタル著作権管理ソフトウェアは、複数システムが読み取り可能な単一言語を用い、コンテンツやネットワークサービスへのアクセス権限を与えます。 同社は、2005年にマイクロソフト、Time Warner、Thomsonにより買収されました。2011年には、Pendrell TechnologiesがTime Warnerと協業し、成長を続けるデジタルコンテンツの市場にフレキシブルなDRMソリューションを提供するため、ContentGuard(DRMとその他のコンテンツ配給に関する関連特許と技術の発明者でもあり、開発を続け、ライセンスの提供もしている有数の企業)のさらなる開発に力を入れると発表しました。

 

 

CTI
カスタマーインサイト

元PARC研究者であるHenry Sangは、PARCで開発された技術をカスタマーがどのように使っているかという研究をしており、その研究をもとにCustomers & Technologies, Inc.(CTI)というコンサルティング会社を1994年に設立しました。CTIは新しい技術を文書化プロセスに統合させるためのさまざまな方法を開発しました。

 

 

マーケティングインサイトを超えたエスノグラフィサービス

電通
マーケティングインサイトを超えたエスノグラフィサービス

電通グループは日本の広告市場で最大シェアを持ち、Advertising Age誌では広告代理店企業ランキングのトップ5にランクされています。電通マーケティングインサイトは、年間 5,000 プロジェクトを越えるリサーチを行い、企業の研究プロセスやソリューションを促進します。PARCが電通と電通マーケティングインサイトに提供するエスノグラフィサービスは、通常の市場調査や発見を超えた、人間の行動に関する幅広い理解と深いインサイト、そして人の生活や文脈に関して総合的な見解を提供します。

ニュースリリース:PARCが電通と電通マーケティングインサイトと提携...

電通のプレスリリース

 

 

リッチメディア技術、その他

大日本印刷
リッチメディア技術、その他

大日本印刷株式会社は、PARCと共同で、コンテクスト及び行動を意識したシステムを開発しました。このシステムは、ユーザの現在地、嗜好、時刻等にマッチしたローカルエリアのレジャー情報を紹介するものです。

事例: 新しいビジネス•オポチュニティと技術基盤の構築

 

 

ドキュメント管理プロセス

Documentum/EMCにより買収される
ドキュメント管理プロセス

Documentumは、ドキュメント管理ソリューションの商業化に向けて、1990年にスピンアウトされました。 Documentumのソフトウェアのおかげで、ドキュメント内で一箇所に修正を加えると、そのドキュメント内の該当する箇所すべてが自動的に修正されることが可能になりました。 同社は、2003年にEMCにより買収されました。

 

 

紫外線LED

DOWA
紫外線LED

DOWAエレクトロニクス株式会社は、紫外線LED技術をもとにした新しい種類の製品を開発・製造するため、特許とノウハウをPARCから取得しました。

事例: 知的財産権と新技術のノウハウを取得し、新規市場に参入

 

 

医療用デジタル画像のためのディスプレイと検知

dpiX
医療用デジタル画像のためのディスプレイと検知

Xerox PARCからスピンオフされたdpiXは、高解像度アモルファスシリコン(a-Si)センサアレイでは世界トップの供給会社です。同社は、Trixell(Siemens Medical / Phillips Medical / Thomson-CSFの合弁会社)、Planar Systems、およびVarian Medicalにより、1999年に買収されました。dpiXのa-Si技術は、医療、産業、軍事、およびセキュリティのためのX線画像処理における基礎を築きました。

 

 

ユビキタスコンピューティング

富士通
ユビキタスコンピューティング

富士通とPARCは、ユビキタスコンピューティングやその他の技術やサービスに関し、複数年にわたる共同研究・開発をするための契約を結びました。また、PARCは、同社のオペレーションや文化にエスノグラフィの手法を取り入れるために力を貸し、同社のシステムデベロップメント部内にソーシャルサイエンスセンターを設立するお手伝いをしました。同社は、顧客のビジネスプロセスを可視化するためにエスノグラフィのフィールドワークをサービスの一環として提供しています。また、技術中心の同社のエンジニアに社会科学の手法を取り入れるためのトレーニングも行っています。

再版: ユビキタス時代の情報サービスの可能性を拓く(富士通ジャーナル)

 

 

ナノワイヤベースの新たな照明

Glo-USA/ glo AB
ナノワイヤベースの新たな照明

GLO-USAは、ナノワイヤベースの新たなIII-Vの照明テクノロジーを開発しており、PARCは、同社のデバイスプロセス戦略を開発する支援をしています。この提携は、PARCがいかに迅速にベンチャー企業のニーズに対応でき(最初のコンタクトから契約書締結までの期間は4週間足らず)、カスタマーのニーズに焦点を置いた新たなテクノロジーを発明・開発・提供することができるかということを表しています。

 

 

ポータブルパソコン

GRiD Systems/Tandy(Radio Shack)により買収される
ポータブルパソコン

PARCでXerox Alto IIパーソナルワークステーションの開発チームを指揮していたJohn Ellenbyは、1979年にPARCを退職し、GRiD Systems Corporationを設立しました。 GRiDは、管理職の人達用にクラムシェルケース型で持ち運び可能なCompassと呼ばれる高機能コンピュータや、その他の特別なアプリケーションが搭載されたノートパソコンを開発しました。同社は、1988年にTandy Corporation (Radio Shack)により買収されました。

 

 

パーソナライズされた検索技術

GroupFire/Outride/Googleにより買収される
パーソナライズされた検索技術

GroupFire, Inc.は、情報検索、パーソナライゼーション、コンテクスト化、データマイニング、自然言語の意味分析、および人工知能に関するPARCの70件近い知的財産権を商業化することを目的とし、2000年にPARCからスピンオフされました。 同社は、ブックマークを管理し、インターネットに接続しているコンピュータならばどこからでもブックマークにアクセスできるようにすることで、インターネット検索をより簡単にし、またパーソナライズすることを可能にしました。 GroupFireは、後にOutride, Inc.と社名変更し、その知的財産権や技術は2001年にGoogleにより買収されました。

 

 

再利用可能な電子ペーパ(e-paper)

Gyricon
再利用可能な電子ペーパ(e-paper)

Gyricon Media, Inc.は、PARCの「再利用可能な電子ペーパ」を商業化することを目的として2000年にスピンアウトされました。この電子ペーパは紙のように薄くて柔軟性に富み、持ち運びができ、しかもネットワークに接続可能で、何度でも再利用可能なドキュメント表示技術です。 Gyricon LLC.は2005年に閉鎖されましたが、ゼロックスがこの技術をライセンス供与しています。

 

 

紫外線LED

HexaTech
紫外線LED

AlNのバルク基板を提供しているHexaTech, Inc.は、PARCが持っている紫外線LEDの分野におけるノウハウと専門知識を得るため、PARCと提携し、より価値のあるデバイスを作ろうとしています。

ニュースリリース:PARCが...ベンチャー企業の商品化までの期間を短縮することに貢献

 

 

情報の可視化と知識の抽出

Inxight Software/Business Objectsにより買収される/SAPにより買収される
情報の可視化と知識の抽出

Inxight Software, Inc.は、情報可視化と知識抽出のソフトウェアを提供するため、1996年にPARCからスピンアウトされました。このソフトウェアは、PARC独自の情報可視化アプローチを商品化したもので、hyperbolicブラウザやその他のfocus-plus-context可視化技術を用い、ユーザがテキストデータベースを立体的に閲覧することができます。Inxightは、2007年にBusiness Objectsにより買収され、その後Business Objectsは2008年にSAPにより買収されました。

 

 

書籍スキャン技術

Kirtas
書籍スキャン技術

Kirtas Technologies, Inc.は、PARCとXerox Wilson Center for Research & Technologyが開発したページめくり(page-turning)技術の独占ライセンス権を所有しています。 高品質なデジタル化を可能にした先駆者であるKirtasは、大量デジタル化における費用やオーバーヘッドを削減する、特許取得済みの自動書籍スキャナや各種ソフトウェア、サービスなどで知られています。

 

 

ディスクストレージ

Komag/Western Digitalにより買収される
ディスクストレージ

元PARC研究者Tu Chenが1983年に設立したKomag, Inc.は、薄膜ディスクではトップの供給会社に成長しました。薄膜ディスクは、コンピュータやエンタープライズ・ストレージシステムをはじめ、デジタルビデオレコーダやゲーム機、および消費者向け電子ストレージシステムといった電子機器向けの大容量ストレージの主要メディアです。 Komagは、2007年にWestern Digitalにより買収されました。

 

 

バッテリーマネージメントシステム

LG Chem Power
バッテリーマネージメントシステム

米エネルギー省高等研究計画局(Advanced Research Projects Agency - Energy)は、PARCとLG Chem社の子会社でもあるLG Chem Power(LGCPI)社に対し、電気自動車のバッテリーに応用可能な、オプティックス技術を活かしたスマートモニタリングシステムのプロトタイプを構 築するための助成金を授与することを決めました。

このシステムには、PARCのコンパクト波長シフト探知技術と機械学習/センサネットワークの専門知識(PARCのオプティックスとオプトエレクトロニクス、およびインテリジェントオートメーションの 研究の一部)が活用され、効果的なリアルタイムのパフォーマンスマネージメントと最適なバッテリーデザインが可能になります。この技術により、バッテリーの状 態を推測し、残り時間を予測することが可能となり、結果として開発される、オプティカルセンサと読み出しユニットが組み込まれた電気自動車用のバッテリー モジュールは、LGCPI社の施設において業界のスタンダードを満たしているかどうかテストされます。

これらのイノベーションは、次世代の蓄エネルギー技術の低コスト化とパフォーマンスの向上に大いに役立ちます。

プレスリリース:蓄エネルギーデバイスの高度なマネージメント技術の開発に対し、ARPA-Eより4百万ドルの助成金が授与される

 

 

電子ホワイトボード技術と協同会議ツール

LiveWorks
電子ホワイトボード技術と協同会議ツール

PARCでは、対面会議や遠隔会議のリアルタイム・マルチメディア・コラボレーションをコンピュータで支援する研究に取り組んできました。その結果、LiveBoardが誕生しました。これは黒板サイズのタッチ式スクリーンで、およそ100万ピクセルの画像表示が可能です。また、キーボードや電子ペンを使って注釈や描画といった作業が協同でできます。LiveWorksは、LiveBoardを市場化するために1992年にスピンアウトされました。

 

 

文脈や状況を考慮した情報

Meshin
文脈や状況を考慮した情報

Meshinは、ゼロックスが出資し、PARCでインキュベートされた会社です。同社は、セマンティックソフトウェアの設計に焦点を当てたPARCの研究を原点とし、今日の情報に埋もれた社員の生産性向上を目指しています。ビジネスのプロが集まり、PARCの科学者達の支援を受けながら、自然言語処理やコンテクストアウェア・コンピューティング、画像認識技術を駆使して、「コンテクストを意識した情報サービス」のプラットフォームを構築しました。このプラットフォームは、ユーザの情報システム内に存在する異なる情報を文脈ベースで結びつける、いわゆる情報の「メッシュ(Mesh)」を捉えることを目的としています。

 

 

データベース操作

Metaphor/IBMにより買収される
データベース操作

Metaphor Computer Systems, Inc.は、1982年に元PARC研究者David Liddleによって設立されました。目的は、技術系ではないプロフェッショナルが、高性能ワークステーションに存在する大規模なコンピュータ・データベースのデータにアクセスし、それを操作できるようにするためのシステムを開発することでした。 同氏はPARC時代、パーソナルコンピュータのためのイーサネットLANやグラフィカルユーザインターフェース(GUI)の研究に従事していました。 同社は、1991年にIBMにより買収されました。

 

 

デジタルデータの埋め込み

Microglyph
デジタルデータの埋め込み

$text$text">

ドイツに本社を置くMicroglyph Technology GmbHは、カスタマイズされたAuto-IDソリューションを提供する企業です。同社は、基本的なPARC DataGlyphs®特許のライセンス供与を受け、専有のMicroglyph®コードの基礎を築きました。PARC DataGlyphs®は、コンピュータで読み取り可能なデータを様々な表面に目立たないうように埋め込む方法で、大半のバーコードとは異なり形やサイズを柔軟に変えることができるため、曲面に適しています。

 

 

Microlytics/SelecTronicsにより買収される
スペルチェックソフトウェア

Microlytics, Inc.は、言語や人工知能が持つ難解な構造や数学的特性に関するPARCの研究に基づいた言語ベースの技術を商業化するため、1985年にスピンアウトされました。 この言語要約技術は、スペルチェックソフトウェアの視覚記憶、知的検索、データ圧縮技術に応用されました。 同社は、1990年にSelecTronics, Inc.により買収されました。

 

 

会話分析研究

モトローラ
会話分析研究

PARCは、 友人同士や家族間の「共有」に関する習慣を調査するため、エスノグラフィ的研究においてモトローラを支援しました。

事例: 新しい商品開発に会話分析を使用

 

 

ヒューマンインターフェース

NEC
ヒューマンインターフェース

NECは、同社の設計・評価プロセス、ツール、各種製品のための、使いやすいヒューマンインタフェースをサポートするため、PARC(およびカーネギーメロン大学)と連携しました。

事例: ユーザビリティと漸進的なイノベーションを超えて新市場をターゲット

 

 

Optimem/Cipher Data Productsにより買収される/Archive Corporationにより買収される
消去不能の光磁気ストレージ

消去不能の光磁気ストレージデバイス技術は、Xerox Altoパーソナルワークステーションのデータアクセスを高速化するためにPARCで開発されました。Optimemは、この技術を商業化するため、1980年にスピンアウトされました。Optimemは、1986年にCipher Data Productsにより買収され、Cipher Data Productsは、1990年にArchive Corporationにより買収されました。

 

49 件 12次へNext最後

 

 

 

購読

PARCのニュースレター等、最新情報をご希望の方は、英語サイトの「subscribe」のリンクから登録してください。