実績

並び替え: 企業名 | 日付

49 件 最初Previous前へ12

 

以下の「PARCと関連がある企業」の公開リストでは、取引関係や作業内容の守秘義務のため、ごく一部のお客様のみをご紹介しています。 その中には、現在PARCとプロジェクトを行っている大企業や中規模企業のほか、新興企業やPARCでインキュベートされた企業、過去にスピンオフされた企業、スピンアウトされた企業、PARCからライセンス供与を受けた企業、その他PARCが何らかの貢献をしたベンチャー企業が含まれます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

 

CTI
カスタマーインサイト

元PARC研究者であるHenry Sangは、PARCで開発された技術をカスタマーがどのように使っているかという研究をしており、その研究をもとにCustomers & Technologies, Inc.(CTI)というコンサルティング会社を1994年に設立しました。CTIは新しい技術を文書化プロセスに統合させるためのさまざまな方法を開発しました。

 

 

電子ホワイトボード技術と協同会議ツール

LiveWorks
電子ホワイトボード技術と協同会議ツール

PARCでは、対面会議や遠隔会議のリアルタイム・マルチメディア・コラボレーションをコンピュータで支援する研究に取り組んできました。その結果、LiveBoardが誕生しました。これは黒板サイズのタッチ式スクリーンで、およそ100万ピクセルの画像表示が可能です。また、キーボードや電子ペンを使って注釈や描画といった作業が協同でできます。LiveWorksは、LiveBoardを市場化するために1992年にスピンアウトされました。

 

 

Semaphore Communications
ネットワークの暗号化

Semaphore Communicationsは、ネットワーク技術向けの高度な暗号化システムの商業化を目指し、1990年にスピンアウトされました。この技術はハードウェアの中で暗号化を行うため、既存のソフトウェアベースの製品に比べ、スピードが速いというのが特徴でした。

 

 

ドキュメント管理プロセス

Documentum/EMCにより買収される
ドキュメント管理プロセス

Documentumは、ドキュメント管理ソリューションの商業化に向けて、1990年にスピンアウトされました。 Documentumのソフトウェアのおかげで、ドキュメント内で一箇所に修正を加えると、そのドキュメント内の該当する箇所すべてが自動的に修正されることが可能になりました。 同社は、2003年にEMCにより買収されました。

 

 

AWPI
プリントコントローラシステム

Advanced Workstations Products, Inc.(AWPI)は、ゼロックスの高機能プリンタがネットワーク上で作動するために必要となる、高性能で低価格の非専売印刷制御システムを製品化することを目的として、1989年にスピンアウトされました。 ゼロックスは1991年に同社を買い戻しました。

 

 

オブジェクト指向プログラミング

ParcPlace Systems/ObjectShare/Cincom Systemsにより買収される
オブジェクト指向プログラミング

Smalltalk-80と呼ばれるオブジェクト指向プログラミング言語は、ParcPlace Systemsの設立によって、1988年に商業化されました。Smalltalkは、統合ユーザインターフェース、オーバーラッピング・ウィンドウ、統合ドキュメント、カット&ペーストエディタを備えた初のオブジェクト指向プログラミング言語でした。 ParcPlaceは、1997年にObjectShareに社名を変更し、その後同社のVisualWorks事業部は、1999年にCincom Systemsにより買収されました。

 

 

StepperVision/Optical Associatesにより買収される
ウェハ処理

StepperVisionは、「ウェハ・ステッパ」と呼ばれる半導体機器用に最適な設定を指定する監視デバイスを販売するため、1987年にスピンオフされました。 この技術はPARCで開発され、実験用の集積回路を設計する際のリソグラフィの段階で、シリコン・ウェハのアラインメントを高速化するためのものでした。 同社は、1988年にOptical Associates, Inc.により買収されました。

 

 

イーサネット光ファイバ

SynOptics/Bay Networks/Nortelにより買収される
イーサネット光ファイバ

PARCは、光ケーブルシステムで運用可能なイーサネットシステムを開発しました。 その結果、SynOptics Communications, Inc.が1985年にスピンアウトされました。同社は、ほとんどの建物で一般的に使用されていた電話線にイーサネットのネットワーク技術を応用した初めての会社でした。 同社は、1994年にBay Networksと社名を変え、1998年にNortelにより買収されました。

 

 

Microlytics/SelecTronicsにより買収される
スペルチェックソフトウェア

Microlytics, Inc.は、言語や人工知能が持つ難解な構造や数学的特性に関するPARCの研究に基づいた言語ベースの技術を商業化するため、1985年にスピンアウトされました。 この言語要約技術は、スペルチェックソフトウェアの視覚記憶、知的検索、データ圧縮技術に応用されました。 同社は、1990年にSelecTronics, Inc.により買収されました。

 

 

ページ記述言語

Adobe
ページ記述言語

PARCのエンジニアであるJohn Warnockは、インタープレス・ページ記述言語を生み出しました。これは、ゼロックスのレーザプリンタを制御するための独占所有権を持つコンピュータ言語です。 同氏とPARC画像科学研究所のマネージャであったCharles Geschkeは、1983年にAdobe Systems, Inc.を設立し、次世代のページ記述言語であるPostScriptを開発しました。PostScriptは、 後にデスクトップ・パブリッシングの標準となりました。

 

 

ソリッドステートレーザ

Spectra Diode Labs/JDS Uniphaseと合併
ソリッドステートレーザ

Spectra Diode Labs, Inc.(SDLI)は、ガリウムヒ素(GaAs)を用いたPARCの分布帰還型(ソリッドステート)レーザをもとに、高出力で最新鋭のソリッドステート半導体レーザダイオードを開発するため、ゼロックスとSpectra-Physicsの合弁会社として1983年に設立されました。 SDLIとJDS Uniphaseは、2001年に合併しました。

 

 

ディスクストレージ

Komag/Western Digitalにより買収される
ディスクストレージ

元PARC研究者Tu Chenが1983年に設立したKomag, Inc.は、薄膜ディスクではトップの供給会社に成長しました。薄膜ディスクは、コンピュータやエンタープライズ・ストレージシステムをはじめ、デジタルビデオレコーダやゲーム機、および消費者向け電子ストレージシステムといった電子機器向けの大容量ストレージの主要メディアです。 Komagは、2007年にWestern Digitalにより買収されました。

 

 

データベース操作

Metaphor/IBMにより買収される
データベース操作

Metaphor Computer Systems, Inc.は、1982年に元PARC研究者David Liddleによって設立されました。目的は、技術系ではないプロフェッショナルが、高性能ワークステーションに存在する大規模なコンピュータ・データベースのデータにアクセスし、それを操作できるようにするためのシステムを開発することでした。 同氏はPARC時代、パーソナルコンピュータのためのイーサネットLANやグラフィカルユーザインターフェース(GUI)の研究に従事していました。 同社は、1991年にIBMにより買収されました。

 

 

画像のデコーディング

ScanSoft / Nuance
画像のデコーディング

ドキュメントの画像プロセシングに関するPARCのテクノロジーは、Xerox Imaging System(後にScanSoft)の賞を獲得したデジタルイメージングソフトウェアの一部として使われていました。同社は、スキャナのソフトウェア製品を開発しているVisioneerにより買収され、後に会社名をScanSoftと変更、1995年にSRIのスピンオフでもあるNuanceに買収・合併されました。Nuance Communicationsは現在、内蔵型スピーチ認識、光学文字認識ソフト、デスクトップのイメージングソフトを含む様々なスピーチとイメージングのアプリケーションを提供している有数の企業です。

 

 

Optimem/Cipher Data Productsにより買収される/Archive Corporationにより買収される
消去不能の光磁気ストレージ

消去不能の光磁気ストレージデバイス技術は、Xerox Altoパーソナルワークステーションのデータアクセスを高速化するためにPARCで開発されました。Optimemは、この技術を商業化するため、1980年にスピンアウトされました。Optimemは、1986年にCipher Data Productsにより買収され、Cipher Data Productsは、1990年にArchive Corporationにより買収されました。

 

 

Aurora Systems
コンピュータペイント(グラフィックス)システム

PARC研究者のDick Shoupは、1973年にSuperPaintを発明しました。この技術は、グラフィックスプログラムとピクセル単位のフレームバッファ・システムの草分けです。同氏は1979年にPARCを退職し、グラフィックス会社Aurora Systemsを共同で創設しました。同社は、描画や動画の次世代システムを開発・商品化し、ビデオの配信・制作市場を対象にCG(コンピュータグラフィックス)サービスを供給しました。同氏は、1970年代のPARCにおける業績が評価され、1983年にエミー賞を受賞したほか、1998年にはアカデミー科学技術賞を受賞しました。

 

 

ポータブルパソコン

GRiD Systems/Tandy(Radio Shack)により買収される
ポータブルパソコン

PARCでXerox Alto IIパーソナルワークステーションの開発チームを指揮していたJohn Ellenbyは、1979年にPARCを退職し、GRiD Systems Corporationを設立しました。 GRiDは、管理職の人達用にクラムシェルケース型で持ち運び可能なCompassと呼ばれる高機能コンピュータや、その他の特別なアプリケーションが搭載されたノートパソコンを開発しました。同社は、1988年にTandy Corporation (Radio Shack)により買収されました。

 

 

VLSI ASIC技術

VLSI Technologies/Philips Electronicsにより買収される/NXP Semiconductors
VLSI ASIC技術

元PARC研究者Doug Fairbairnは、1979年にVLSI Technologies, Inc.を共同設立しました。同社の方法論は、カリフォルニア工科大学研究者Carver Meadの協力を得て、FairbairnとLynn ConwayによりPARCで開発されたものです。VLSI Technologies, Inc.は、ASIC技術の草分け的存在となりました。 同社は、1999年にPhilips Electronicsにより買収され、現在はPhilipsからスピンオフされたNXP Semiconductorsの傘下にあります。

 

 

ネットワーク機器

3Com/HPにより買収される
ネットワーク機器

PARCのコンピュータ科学者Bob MetcalfeとDave Boggsは、コンピュータの近距離接続の標準となっているイーサネットを1973年に発明しました。 Metcalfeは1979年にPARCを退職し、コンピュータネットワーク機器メーカーの3Com Corporationを設立しました。

 

49 件 最初Previous前へ12

 

 

 

購読

PARCのニュースレター等、最新情報をご希望の方は、英語サイトの「subscribe」のリンクから登録してください。