イノベーションサービス

人間を中心に据えたインサイトとエスノグラフィを活用し、満たされていないカスタマーニーズを発見、イノベーションを生む効果的な方法を推奨、そして「売れる」製品やサービスを開発

画期的なアイデアは、研究室や役員会議の中で生まれるかもしれませんが、それが生き残るかどうかは市場で決まります。実際に使って、本当の価値を決めるのは「人」なのです。PARCのイノベーションへのアプローチとして、技術のみならず「人」にも重点を置いているのはそのためです。

PARCの社会科学者は、様々な分野とアプリケーションにわたるプロジェクトにおいて人間を中心に据えたインサイトを取り入れることで、切り離されて考えられがちな要素、例えば、リサーチ、エンジニアリング、社会科学、デザイン、ビジネス戦略などの間に存在する隔たりを打ち破ります。そうすることで、市場での成功の鍵を握るユーザやカスタマーをより深く理解することが可能になるのです。

PARCがどこよりも先駆けて、人間の行動をありのままの状態で研究するエスノグラフィを技術イノベーションの分野に導入しました。エスノグラフィを使ったアプローチは、体系的なデータ収集と徹底的な分析を組み合わせ、人の発言だけに頼るのではなく、実際の行動や体験に関し、微妙な要素も含めた詳細な全体像を発見するのに役立ちます。

こうした背景があるからこそ、PARCはお客様のために、満たされていない市場のニーズを発見し、イノベーションを生む効果的な方法を推奨、そして「売れる」製品やサービスを開発するお手伝いができるのです。

 

 

サービス

市場のオポチュニティ・ディスカバリ

利益をもたらすイノベーションを生むには、人の知覚や実際の行動を深く理解することが重要です。PARCは、「人」に関するインサイトを活用し、満たされていないニーズを発見、また新しい市場や既存の市場で製品やサービスを開発するお手伝いをします。PARCでは、R&Dラボやユーザビリティの調査会社、デザイン事務所、消費者心理の専門家などの能力を統合した学際的な見解を活かし、アイデアの迅速な発掘と検証、市場への早期参入、そして競争力の強化を支援します。

エクスペリエンスデザインと評価

今日の企業は、単に製品やサービスを売っているのではなく、「エクスペリエンス(経験)」を売っているのです。PARCは、「人」に関するインサイトを提供し、具体的な提案をすることで、お客様の製品やサービスが市場で成功するようにサポートします。PARCでは、異なる分野の専門家から成るプロジェクトチームを編成し、製品・サービスのアイデアを構築・テスト・分析・改良する上で独特の観点からアドバイスを提供します。こうして開発された製品やサービスは、カスタマーやユーザ、パートナー、そして投資家からも高く評価されることになります。

イノベーションプロセスの改革

イノベーションの可能性を最大限に引き出す究極の方法は、新しい製品やサービスではなく、組織内の新たなプロセスやモデルの改革と言えるかもしれません。PARCは、お客様の組織がイノベーションをどのように生みだし、また取り組むべきプロジェクトをどのようにして決めているかを発見するため、縦割り式になりがちな社内組織の全体像を把握した見解を提供します。なぜなら、こうしたビジネスのプロセスは、最終的には人間を中心としたプロセスだからです。人の行動や社風、テクノロジーに関する深い理解をもとに、効果的なイノベーションプロセスを構築するお手伝いをします。PARCと取り組むことで、アイデアの創出から市場化までの期間を短縮し、ビジネスにインパクトを与えるイノベーションを生み出すための改革が可能になります。

エスノグラフィのトレーニングと証書

PARCが提供するエスノグラフィのトレーニングプログラムでは、エスノグラフィの手法を使ってカスタマーニーズを発見するために必要なスキルを提供します。このプログラムを通じ、PARCのイノベーションの実績に不可欠とも言える社会科学を応用したスキルを学び、それを現場で効率よく活かすためのノウハウが得られます。

このプログラムには、レクチャー形式のエクササイズに加え、フィールドワークやプレゼンテーションに関するトレーニングが含まれます。また、必要に応じてトレーニングの内容をカスタマイズすることもできます。

トレーニングの5段階プロセスは、以下の通りです。

  1. Awareness(認識)。組織においてエスノグラフィの価値がどこにあるかを認識する方法について学ぶ。
  2. Opportunity Identification(チャンスの識別):エスノグラフィを大きなソリューションの中の一部としてどのように位置づけるかについて学ぶ。
  3. Apprenticeship Certification(研修生としての証書):エスノグラフィの手法の一部、特に観察およびデータの収集やプロセスに関する手法について学ぶ。また、全体の手法を把握し、エスノグラフィのプロジェクトチームの中で分析や報告などにおいて貢献できるよう指導を受ける。
  4. Standard Certification as a Certified Ethnography/Work Practice Analyst(エスノグラフィおよびワークプラクティスの分析者としての認定証書):エスノグラフィの手法を指導者なしで使いこなせ、エスノグラフィのプロジェクトチームの中でどの段階においても貢献できるようになる。
  5. Expert Certification as a Certified Ethnography/Work Practice Project Manager or a Certified Ethnography/Work Practice Trainer(エスノグラフィおよびワークプラクティスのプロジェクトマネージャー、あるいはエスノグラフィおよびワークプラクティスの指導者としてのエキスパート認定証書):エスノグラフィおよびワークプラクティスに関する調査をデザインし、リードする、あるいはエスノグラフィおよびワークプラクティスに関して指導することができるようになる。

日本国内で取得可能な認定プログラムに関しては、「PARC認定プログラム」のページを参照ください。

PARC東京オフィスでは、エスノグラフィに関するトレーニングプログラムとして以下のようなプログラムを用意しています。(プログラムの詳細についてはイベントのページを参照ください。)

  • エスノグラフィを利用したイノベーション・ワークショップ(IWS)
    エスノグラフィの概要、演習を通じた観察からアイディエーションまでの一連のプロセスの初歩を習得するプログラムです。(Awareness, Opportunity Identificationレベル)
  • 実践エスノグラフィ・アドバンストコース(AWS)
    ミニプロジェクトを通じて、プランニング、フィールドワーク、分析までのプロセスの基礎を習得し、よりエスノグラフィを実践的に行なうためのスキルを身につけるプログラムです。IWSとAWSを修了すると、PARC CERTIFIED APPRENTICEの認定を申請する資格が得られます。

 

イノベーション・トレーニング

PARCでのイノベーションの鍵は、独創性とアイデアだけではありません。イノベーションが成功するかどうかは、アイデアをいかに膨らませ、進化させ、そして商業化にまで導くかにかかっています。PARCのイノベーション・トレーニングのプログラムは、長年にわたってPARCで培われたイノベーションの実績の数々から学んだことをベースにしています。PARCの秘伝を共有し、お客様が効率よくイノベーションを起こすことができるようお手伝いします。

このプログラムは、資産の配分やリスク管理、ポートフォリオのアプローチなどを含むオープンイノベーション・ビジネスに関する題材、イノベーションの評価基準、エスノグラフィの手法とインサイト、アイデア発掘のアプローチやプロセス、イノベーションのフレームワーク、商業化への戦略などが含まれます。また、このプログラムでは、クラスルームの設定やグループディスカッション、フィールドワーク、アイデア発掘のセッション(別のワークグループと一緒に行う)、大・小グループでの報告セッションなどを活用します。

PARC東京オフィスでは、とくにアイディエーションの基礎的なプロセスに注目して、オープンなイノベーション・トレーニングとして以下のプログラムを用意しています。(プログラムの詳細についてはイベントのページを参照ください。)

  •  アイディエーション&デザイン・ワークショップ(DWS)
    企業・組織内で本質的な問いを設計し、アイデアを生み出して行く初歩的なプロセスを身につけるプログラムです。IWS, AWS, DWSの3つのオープンなトレーニングプログラムを修了すると、PARC CERTIFIED FIELDWORKERの認定を申請する資格が得られます。

 

ビデオ:PARCのエスノグラファーがプロジェクトについて語っています。

オポチュニティ・ディスカバリについて(日本語字幕)

 

エスノグラフィをモバイルのインターフェースデザインに活用(日本語字幕)

 

 

NEEDS TRANSLATION INTO jp "people"

 

 

 

お問い合わせ

Aki Ohashi
ビジネスデベロップメントディレクター
+1 650 812 4349

 

購読

PARCのニュースレター等、最新情報をご希望の方は、英語サイトの「subscribe」のリンクから登録してください。